ホーム:スクエア決済【評判・比較】ガイド>>Square(スクエア)とAirPAY(エアペイ)の比較>>エアペイの評判・メリットまとめ! 

 

エアペイの評判・メリットまとめ!


 

AirPAY(エアペイ)はリクルートのグループ会社である、(株)リクルートライフスタイルが運営する決済サービスです。

 

ホットペッパーグルメ、ホットペッパービューティーなどで有名な情報サイトも運営している会社なので、飲食店、カフェ、居酒屋、ネイルサロン、美容院、リラクゼーションサロン、整体院、エステティックサロンなど、幅広い業種において導入されている決済サービスと言えます。

 

また、母体が日本の大手企業であるリクルート社ということで、宣伝広告にも力を入れらており、皆さんも一度はテレビCMやネット広告などで見られたことはあるかと思います。

 

 

▼エアペイの公式サイト

店舗決済システムAirPAY

 

 

 

 

AirPAY(エアペイ)の特長・メリットは?


 

AirPAY(エアペイ)の大きな特長としては、 多種多彩な決済ができるという点です。

 

クレジットカード決済をはじめ、スマホ電子マネー決済交通系電子マネー決済QRコード決済など、カードリーダー端末機一台ですべての決済が可能になります。

 

また、決済時にかかる決済手数料も業界最安水準となっていますので、キャッシュレス決済による経費の見直し、コスト削減をお考えのビジネスオーナー様にもオススメです。

 

それでは、エアペイを導入することで得られるメリットについて、3つのポイントを挙げてわかりやすく解説していきますので、キャッシュレス決済の見直し・乗り換え、導入をお考えの方はぜひ続きをお読みください。

 

1.エアペイの決済手数料について

2.エアペイの入金サイクルについて

3.エアペイの初期導入費について

 

 

 

 

エアペイの決済手数料は?


 

エアペイでは多種多様な決済が可能です。決済の種類やクレジットカードのブランドなどによって、決済手数料は変わりますので、わかりやすくご紹介していきます。 

 

 

▼クレジットカード▼

VISA、Master、アメリカンエキスプレスは3.24%

JCB、ダイナーズクラブ、ディスカバーは3.74%

 

 

▼交通系電子マネー▼

Kitaca、Suica、PASMO、toICa、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん等、すべて3.24%

 

 

▼電子マネー▼

Apple Pay、QUIC Pay、iDなど3.74%

 

 

▼QRコード決済▼

Ali pay(アリペイ)、We Chat Pay(wechatペイペント)、LINE Pay(ラインペイ)、d払い(ドコモ払い)、PayPay(ペイペイ)など、すべて3.24%

 

 

 

 

エアペイの入金サイクルは?


 

キャッシュレス決済での売上は、ご指定された金融機関の口座に振り込み(入金)されます。この場合、指定した金融機関によって入金サイクルは異なりますので、わかりやすく解説します。

 

 

▼月6回の入金サイクル▼ 

三井住友銀行、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行のいずれかを入金先として指定すれば、月に6回(5日に1回)の入金サイクルになります。

 

 

▼月3回の入金サイクル▼

それ以外の金融機関を指定した場合は、月に3回(10日に1回)のペースで入金されます。

 

 

ビジネスオーナーにとっては、入金サイクルは速いに越したことはありません。決済サービス会社によっては、月に1回や半月に1回という入金サイクルのところもあります。

 

そのような所と比べると、月に3回または6回のペースで入金されるエアペイは速い方だと言えます。経費の支払いや資金繰りなど、個人事業主・小規模事業者にとっては入金サイクルが速いのは本当にありがたいことです。

 

 

(※注意) 

ただし、エアペイは入金先口座として『ゆうちょ銀行』だけは指定することができません。ですので、もしゆうちょ銀行しか口座をお持ちでない方は、新たに銀行口座を開設する必要があります。

 

 

 

 

エアペイの初期費&導入費は?


 

エアペイを導入するには、Apple系デバイス(iPhoneまたはiPad)、そしてカードリーダー(決済端末機)の2つが必要となります。カードリーダーは通常18,334円(税別)になりますが、現在開催中のキャンペーン『0円スタートキャンペーン』を利用すれば、カードリーダー代が実質無料となります(この記事を書いている現在の情報です)。

 

ですので、もしiPhone(またはiPad)をお持ちであれば、エアペイの審査にさえ通れば無料で導入することができますので、キャンペーン期間中にWeb申込みをされるがお得です(※エアペイはAndroid系のデバイスは未対応となります)。

 

※キャンペーンの詳細>>店舗決済システムAirPAY

 

 

 

 

このページのまとめ!


 

いかがだったでしょうか。このページではSquare(スクエア)とよく比較検討される、AirPAY(エアペイ)についての評判やメリットについてまとめてみました。 

  

今回の記事が、エアペイの導入、および他社からの乗り換えでお悩みのビジネスオーナー様に役立てれば幸いです。 

 

 

▼エアペイの公式サイト▼

店舗決済システムAirPAY