ホーム:スクエア決済【評判・比較】ガイド>Square(スクエア)のメリット 

 

Square(スクエア)のメリットは?


 

▼スクエアのメリット▼

 

◆ただただシンプルである

◆導入、決済、入金すべてが速い

◆スタイリッシュな良いデザイン

◆多彩な決済ができるようになる

◆客単価やリピート率が上がりやすい

◆キャシュレス・消費者還元事業の恩恵

 

このページでは、モバイル決済サービス『Square(スクエア)』をビジネスに導入することで得られるメリットを、私の実体験をもとにして詳しくご紹介していきます。

 

Square(スクエア)を導入するかどうかでお悩みのビジネスオーナー様は、ぜひ最後までお読みください。

 

公式サイト>>最短当日でカード決済導入!

 

 

 

 

スクエアはシンプル!


 

スクエアでおこなう決済は、いたってシンプルです。

 

掛かる料金(経費)としては、決済をおこなった時のみに発生する決済手数料3.25%だけの明朗会計です(JCBのみ3.95%)。その他、月額固定費や初期導入費、端末レンタル料、入金手数料なども一切掛かりません。

 

また決済で必要なものは、カードリーダーとスマホ(またはタブレット)の2つだけです。すでにお持ちのご自身のスマホ、またはタブレットにSquareの無料アプリをインストールします。そして、クレジットカードを読み取る専用カードリーダーとBluetoothで接続するだけで、とっても簡単に決済がおこなえます。 

 

※詳しくは『スクエアの使い方』ページで解説しています。

 

 

 

 

スクエアはすべてが速い!


 

▼導入が速い▼ 

 

新規導入の際に必要となる審査もSquareの公式サイトでアカウント登録を行うだけです。ビジネス情報(店舗名、電話番号、メールアドレス、入金先の銀行口座など)を入力すれば、アカウント登録は数分で完了します。それと同時に導入できるかどうかの審査もすぐに開始されます(速ければ即日に審査を通過できます)。

 

 

▼カードリーダーが速い▼

 

Square(スクエア)では、2019年3月末にカードリーダーが完全リニューアルされました。それにより充電に要する時間、立ち上げ(接続)にかかる時間、決済時にカード情報を読み取る時間などなど。今までのカードリーダーと比較すると、あらゆる面でスピードがとっても速くなりました。

 

 

▼入金サイクルが速い▼

 

Square(スクエア)の大きなメリットの1つとして挙げられるのが、入金サイクルが速いという点です。『三井住友銀行』または『みずほ銀行』の場合は翌日(翌営業日)に入金されます。また、それら以外の銀行の場合でも週に1回(毎週金曜日)の入金サイクルとなります。

 

決済サービス会社によっては、月に1回~2回しか入金されないケースも多々ありますが、スクエアの入金サイクルの速さはビジネスオーナーにとって本当に助かります。また、入金の際にかかる振込手数料もすべてスクエアが負担してくれるのもメリットです。

 

 

 

 

スクエアはセンスが良い!


 

Square(スクエア)の決済は、機能的にもスピーディーで優れていますが、デザインのセンスもとってもカッコいいです。

 

ですので、カフェ、ゲストハウス、美容院、ネイルサロン、エステサロン、整体院、ホテル、アパレル、歯科クリニックなど、あらゆる業種に導入しても違和感なくマッチする、素敵なデザインになっています。

 

Squareはカードリーダーだけでも、もちろん決済は可能ですが、別売りのSquare Stand(iPad専用)やカードリーダー専用ドック(据え置き型充電器)と呼ばれるアクセサリー機器を購入すれば、とってもお洒落なレジ周りに早変わりさせることも可能です。

 

 

 

 

スクエアは多彩な決済が可能!


 

Square(スクエア)にアカウント登録をし、審査に通過すれば、VISA、Master、アメリカンエキスプレスの3ブランドであれば、スグにでも提携することができます。

 

また、JCB独自の審査に通過できればJCBをはじめ、JCBが業務提携をしているダイナーズクラブ、ディスカバーのカードブランドとも取り扱いが可能になります。ですので、最大で6つのクレジットカード決済ができるようになるのです。

 

そしてスクエアには、対面販売でのカード決済だけではなく、『Square請求書』という機能もあります。この機能を使用すれば、メールで請求書を送付し、そのメールに添付されたリンクからカード決済ができます。

 

このサイトを運営している私はサロン経営をしていますので、あまりインボイス機能を使用することはないのですが、例えば塾やスクールなどの月謝、毎月のように料金が発生する会員制ビジネス、ネット販売などをされている方々には重宝する機能となるでしょう。

 

また、2019年3月にリニューアルされたカードリーダーにより、今後クレジットカード決済だけではなく、交通系電子マネー等の決済もできるように準備が始まっているようですので、益々スクエアでおこなえる決済は拡大されていきます。

 

 

 

 

スクエアで売上アップしやすい!


 

そして最後に、スクエアを導入したことで得られる最大のメリットをご紹介をします。

それは・・『売り上げや客単価、リピート率、来店頻度などがアップしやすい!ということです。

 

スクエアではモバイル決済サービスの中でも珍しく、継続的役務提供の決済が許されているのです。わかりやすく説明すると、回数券やプラン料金やコース料金など、サービスをまだ提供していないものに対して先払い(前払い)の決済ができるということです。

 

これらの継続的役務提供の決済は、実際に探されたらわかると思いますが、許可されている決済サービス会社はなかなか見つからないのが現状です(同業他社のエアペイ、楽天ペイ、コイニー、タイムズペイなどは不可)。

 

ですので、都度払いだけではなく、回数券、コース料金、月謝制、月額料金制などを設けられているビジネス(整体院、エステサロン、塾、スクール、教室、脱毛サロン、ネイルサロンなど)のご経営者さまにはスクエアは大変マッチする決済サービスと言えるでしょう。

 

そして、カード決済を導入することによって、高額なサービス・商品を購入される機会も多くなりますし、手持ちの現金がなくても買い物ができるようになりますので、私の経験上、客単価のアップやリピート率の向上、来店頻度が高まったりという嬉しい結果に繋がりやすくなります!

 

 

 

 

キャシュレス・消費者還元事業による恩恵!


 

スクエアは『キャッシュレス・消費者還元事業』に支援事業者として登録されました。キャッシュレス・消費者還元事業とはキャッシュレス決済を推進・拡大させるために発足された、日本政府の経済産業省が進める事業となります。

 

スクエアを導入し加盟店となることで、個人で面倒な手続きや申請を行うことなく、スクエアを通じてこのキャッシュレス・消費者還元事業への申請が簡単に行えますので、事業者としては大きなメリットになります。

 

また、この事業には下記のようなメリットもあります。

 

 

▼カードリーダーが無料!▼

 

スクエアで決済を行う際に必要となる、カードリーダー(決済端末機)は通常7,980円で購入しなければなりませんが、今なら無料で配布されます。ですので、導入費が0円でスクエア決済を始められます。

 

 

▼決済手数料の減額!▼

 

スクエアの決済手数料は通常3.25%がかかりますが、この事業によって、消費税が10%に増税すると予定されている2019年10月1日~の9ヶ月間(2020年6月30日まで)は、決済手数料が3.25%→2.16%へと減額されます。

 

 

▼消費者もお得に!▼

 

この事業に参画している加盟店でお客様(消費者)がお買い物をされると、ポイントなどによって消費額の最大5%が還元されるようになります(2019年10月~2020年6月までの予定)。ですので、お客様のキャッシュレス決済の占める割合が一気に拡大されると予想されています。

 

 

 

 

このページのまとめ!


 

いかがだったでしょうか。このページでは、実際にSquare(スクエア)の決済サービスを導入してみて感じたメリットについて、赤裸々にご紹介させていただきました。

 

キャッシュレス決済の場合はどうしても決済手数料が引かれてしまいます。しかし、現金決済だけだった頃に比べて、私の経験上ではお客様の購買単価がアップしたり、機会損失も防げることで、導入したメリットの方が大いに上回りました。

 

そして、今ならカードリーダー(決済端末機)などが無料になったり、たいへんお得にスクエア決済が始められるキャンペーンも開催されています!

 

キャンペーンは予告なく、変更・終了されることもありますので、最新情報は下記の公式サイトで必ずチェックしてください。  

 

 

▼スクエアの公式サイト▼

最短当日でカード決済導入!