ホーム:スクエア決済【評判・比較】ガイド>Square(スクエア)のオンライン決済>オンライン決済のやり方&始め方

 

オンライン決済やネット販売の始め方


 

このページではキャッシュレス決済『Square(スクエア)』を利用し、簡単に始められるオンライン決済ネット通販オンライン販売のやり方をご紹介します。

 

Square(スクエア)は対面ビジネスにおいては、カードリーダー(決済端末機)を用いてキャッシュレス決済を行いますが、その他にも多数の決済機能を備えています。

 

今回ご紹介するのは、わざわざECサイトなどを立ち上げるというような労力は一切かけず、今すぐオンライン販売を始めたい!とお考えのビジネスオーナー様にとてもオススメのやり方です。

 

Square(スクエア)の決済機能の1つである、『オンラインチェックアウト』機能を使えば、すでにあなたがお持ちのホームページブログSNS(Facebook、Twitter、Instagram、LINE、メルマガなど)を利用し、手軽にオンライン決済、ネット販売が始められます。

 

このページでは、わかりやすく4つのステップで解説しますので、オンライン決済、ネット通販、オンライン販売を始めようとお考えのビジネスオーナー様は、ぜひ最後までお読みください。

 

 

 


1.Square管理画面を開く


 

Square(スクエア)を導入すると、『Squareデータ』と呼ばれる管理画面が与えられます。この管理画面にアカウント登録時に設定したメールアドレスとパスワードを入力してログインします。

 

管理画面の左サイドバーにあるアイコンマークの下にあるメニューから、『オンラインチェックアウト』と表示されている機能を選択します。

 

※Squareデータ(管理画面)のバージョンによっては多少レイアウトが変更される場合もございますのでご了承ください。

 

 

 


2.お会計リンクを作成する


 

オンラインチェックアウト機能を選択すると、『お会計リンクを作成』というボタンがありますのでそこをクリックします。そうすると上記のような画面が表示されます。

 

このオンラインチェックアウト機能には3種類のリンク作成方法があります。

 

1. 支払いを受け付ける

2. 商品を販売する

3. 寄付金を受け付ける

 

今回ご紹介するネット販売やオンライン決済のやり方では、『1. 支払いを受け付ける』または『2. 商品を販売する』が最適な方法となりますので、このどちらかを選択します。

 

これらの違いを少し解説しておきます。

 

 

▼支払いを受け付ける▼

 

これを選択した方が良いビジネス形態としては、商品を発送する必要がない業種の方々(セミナー講師、士業、オンライン教室、オンラインサロンなど)です。例えば、セミナー代金、顧問料、オンラインレッスン料、オンラインサロンの会費、サブスクリプション(継続課金制)、キャンセル防止の事前支払いなど、銀行振込の代替としてオンライン決済をお考えの方には最適です。

 

▼商品を販売する▼

 

こちらは、商品を発送する必要があるビジネス形態に最適です。美容院やエステサロンなどで扱っているシャンプーや美容クリームなどの物販商品、カフェで販売しているコーヒー豆など、商品バリエーションが比較的少ない(単一の)小売におすすめです。

 

※多種の商品を販売するにはSquareの『オンラインビジネス機能』がおすすめとなります(また別途ページにて解説します)。

 

 

 


3.リンクを設定する


 

『リンクを設定』という画面に切り替わりますので、ここに必要事項を入力していきます。

 

▼名前▼

販売する商品名やお支払い頂くサービス名等を入力

 

▼金額▼

商品やサービスのお代金を入力

 

▼説明▼

商品やサービスに関する説明文を入力することができます(任意)

 

▼画像を追加▼

商品の画像を載せることもできます(任意)

 

▼支払い頻度も設定可能▼

サブスクリプション(継続課金)の場合は、毎週、隔週、毎月、四半期毎、半年毎、毎年などのいずれから支払い頻度を設定することも可能です。

 

※この支払い頻度設定は、「支払いを受け付ける」または「寄付金を受け付ける」の機能で設定可能です。「 商品を販売する」ではサブスクリプション機能は設定できません。

 

 

 


4.リンクを共有する


 

リンク設定の入力が完了すると、『リンクを共有』という項目が表示されますので、あとはあなたのビジネスにおいて既に所有しているツールを使ってリンクを共有(シェア)するだけです。

 

今のところ下記のような共有方法でオンライン決済を促すことができます。

 

▼リンク▼

専用URLが作成できますので、メルマガ、LINE、SNSなどの文中に添付したり、インスタグラムのプロフィールページにURLを貼り付ける、などで告知を行うには最適な方法です。

 

▼QRコード▼

専用QRコードが作成でき、ダウンロードすることが可能です。これを用いてチラシ、店内ポップ(POP)、ショップカードなどに表示させることができます。

 

▼ウェブサイトのボタンコード▼

こちらはウィジェット(HTML)と呼ばれるコードを作成することができます。ホームページやブログを所有されているのであれば、サイトにこのコードを埋め込むことによって、『お会計ボタン』を設置することができます。

 

▼Facebook および Twitter▼

フェイスブックやツイッターのアカウントをお持ちであれば、この機能を使うことによって決済リンクを投稿(シェア)することが可能です。

 

 

これらの方法で共有(シェア)されたお客様はリンクを開けると、カード決済を行う決済ページに直接つながりますので、そのままオンライン決済ができるようになります。

 

上記のステップ2.『 お会計リンクを作成する』でどちらかを選択した2種類のリンク作成(支払いを受け付ける または 商品を販売する)によって、お客様に見える画面が少々異なりますので、それも解説しておきます。 

 

 

 

◆『支払いを受け付ける』の場合


 

ステップ2の【お会計リンクを作成する】で、『支払いを受け付ける』のリンクを作成した場合は、下記のような画面がお客様には表示されます。

 

例として、オンラインセミナーを開催するとして決済リンクを試しに作成してみました。

 

 

 

 

お支払い頂くお客様としては、Eメールアドレス電話番号お名前カード情報を入力後、青のボタン(今すぐ支払う)を押せば決済が完了します。

 

では続いて、『商品を販売する』でリンクを作成した場合の入力画面もご紹介します。

 

 

 

◆『商品を販売する』の場合


 

ステップ2で『商品を販売する』のリンクを作成した場合は、下記のような画面がお客様には表示されます。例として、コーヒー豆を販売するとして決済リンクを試しに作成してみました。

 

 

 

リンクを開くと,まずはこの画面が表示されます。このリンクではで数量を『-または+』で増やしたり減らしたりすることが可能です。

 

入力した数量によってお会計金額は自動計算してくれます。間違いがなければ『お会計ボタン』を押します。

 

 

 

 

そうすると上記のような決済画面に切り替わります。この画面でお客様に入力してもらうのは、Eメールアドレス、電話番号、お名前、カード情報。さらに配送先情報(郵便番号、住所)を入力してもらう欄が増えます。必要事項がすべて入力できれば決済ができるようになります。

 

 

 


このページのまとめ!


 

いかがだったでしょうか。今回はキャッシュレス決済『Square(スクエア)』のオンラインチェックアウト機能を用いた、無料で簡単に始められるオンライン決済、ネット販売、ネット通販のやり方&始め方を4つにステップで詳しくご紹介させていただきました。

 

◆SNSで拡散シェア

◆店頭POPやチラシで告知

◆ホームページやブログで告知

◆メルマガやLINEで告知

 

このスクエアの機能を使うことでECサイト(ネットショップ)などを立ち上げる手間もなく、現在あなたのビジネスで所有されているツールを用いて今すぐにでもオンライン決済を行うことができます。

 

Squareは月額費や運営費(使用料)などは一切かからず、完全無料で始めることができるキャッシュレス決済です。掛かるのは決済手数料のみです(オンライン決済の場合、JCBは3.95%、その他のカードは一律3.6%になります。※サブスクリプションの場合は3.75%です)。

 

オンライン決済を始めてみたい!と思われているビジネスオーナー様は、まずはSquareの公式サイトで無料アカウント登録を行ってください。登録が完了するとSquare側で審査がスタートし、通過できるとすぐに導入することができます。

 

 

Square(スクエア)公式サイト

最短当日でカード決済導入!