【スクエア】電子マネー決済が可能に!手数料は?詳細まとめ!


 

2020年8月4日よりSquare(スクエア)で電子マネー決済が遂にできるようになりました。

 

スクエアでは電子マネー決済を可能にするため、2019年3月にカードリーダー(決済端末機)をリニューアル。これまでに約1年半の時間をかけて、ようやく電子マネー決済がスタートしました。

 

今回は、スクエアの電子マネー決済についての最新情報をまとめてみました。これからスクエアを導入するかどうかでお悩みの事業主さま、および既にスクエアを導入しているが、電子マネー決済について詳細を知りたいという方は、ぜひ最後までお読みください。

 

 

◆新たに追加された決済の種類は?

◆電子マネー決済の手数料は?

◆決済のやり方は?手順解説!

 

 

 

 

スクエアに追加された決済の種類は?


 

今までスクエアで受付可能な決済はクレジットカード決済のみでした。

しかし、スクエアでもようやく2020年8月4日より電子マネー決済がスタートしました。

 

今回スクエアに新たに追加された決済の種類は下記になります。

 

 

▼交通系電子マネー決済

Kitaca、Suica、PASMO、toICa、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん

 

 

▼電子マネー決済(スマホ決済)

QUIC Pay、iD、Apple Pay

 

 

 

 

電子マネーの決済手数料は?


 

スクエアの決済手数料はクレジットカード(VISA、Master、アメリカンエキスプレス、ダイナーズクラブ、ディスカバー)の場合は3.25%でした。また、同じクレジットカードでもJCBのみ3.95%という決済手数料になっています。

 

それでは、今回スタートした電子マネー決済における決済手数料をご紹介します。

 

◆交通系電子マネー⇒3.25%

 

◆電子マネー(QUIC Pay、iD)⇒3.75%

 

◆電子マネー(Apple Pay)

Apple Payに紐づけされている決済方法(交通系電子マネーまたはクレジットカード)によって異なります(3.25%~3.95%)。

 

 

 

 

 

スクエアの電子マネー決済のやり方!


 

スクエアで決済する際に使用する、『Square POSレジ』アプリが2020年8月4日よりアップデートされています。

 

決済する際にアプリを立ち上げ、登録されている商品を選択し、お会計の画面まで進みます(ここまでは従来通り)。すると、今回のアップデートによりクレジットカード決済だけではなく、電子マネーなど、その他の決済方法も選択できるようになっています。

 

 

 

 

電子マネー決済を行うには、上記画像の中から『電子マネー』の項目を選択。すると交通系IC、iD、QUICPayを選択する画面に進みますので、お客様の決済種類に応じてカードリーダーにタッチ(かざす)を行えば簡単に決済が完了します。

 

 

 

早速、私も自身が運営しているサロンでお客様の電子マネー決済を受け付けましたが、とっても簡単でスピーディーに決済することができました。

 

クレジットカード決済ではカードリーダーに差し込む必要がありましたが、電子マネー決済の場合は、お客様の手によってカードリーダーにスマホまたは交通系カードをかざしてもらうだけ(コンタクトレス)で決済ができるので衛生的にも安心ですね。

 

 

 

 

このページのまとめ!


 

いかがだったでしょうか。今回はSquare(スクエア)で利用可能になった、『電子マネー決済』についての最新情報をご紹介させていただきました。

 

今までのスクエアではクレジットカード決済しかできないという点で、他社のキャッシュレス決済会社と比べて遅れを感じていましたが、これでようやく他社同等の多彩な決済が行えるようになりました。

 

今回の記事がスクエアの導入でお悩みの方にとって、お役に立てれば幸いです。

 

 

▼スクエアの公式サイト▼

最短当日でカード決済導入!